総合防水工事

 

総合防水工事種類・特徴

総合防水工事種類・特徴
 
「FRP防水工法」
FRP防水工法は、液状のポリエステル樹脂にガラス繊維を含ませて強化した防水膜を下地に塗布する工法です。他の樹脂防水工事に比べ圧倒的な耐酸性があり、防水層を劣化させる酸性雨・紫外線から建物を長期的に保護します。従来の塗膜防水に比べ硬化時間が極めて早いことを特徴とするため短い工期で施工することが出来ます。
 
 
「ウレタン防水工法」
ウレタン防水工法とは、液状の樹脂を下地に塗布し、硬化させて防水層にする工法です。防水工事の中でも最もポピュラーな工事であり、最近の改修工事の比率の急増とともにウレタン防水の需要も増えています。その特徴は、防水層が軽量であり建築物に負担をかけない点と、ウレタン塗膜が複雑な収まりにも容易に対応でき、防水面に継ぎ目のないシームレスな防水層を形成でき、定期的なトップコートの塗り替えをすることで、防水層を紫外線劣化から長期に亘り防ぎます。
また、においをや熱の発生がないため環境にも優しいです。
 
 
「アスファルト防水工法」
アスファルト防水工法とは「アスファルト防水」と「改質アスファルト防水」に分かれます。「アスファルト防水」は現場でアスファルトを過熱・融合し、溶けたアスファルトを下地に流しながらルーフィング類を張り付ける工法です。防水工事の中でも長い歴史を持ち、安価というメッリトがありますが、施工時に煙やにおいが発生するため、住宅地での施工は近隣への配慮が必要です。「改質アスファルト防水」はポリマー類で改質されたアスファルト系シートをバーナーによる熱で下地とシートを張り付ける工法です。従来からあるアスファルト防水に比べ、煙やにおいをおさえており、防水性、施工性も良く長期的に安定性のある工法です。
 
「ゴムシート防水工法」
ゴムシート防水工法はゴムシートを接着剤を使って重ね合わせて下地に張り付ける工法です。伸縮性のあるシートを使うため、建物の構造を選ばず施工が可能です。屋上防水工事によく使われる防水工法です。その施工性は良く、コストを抑えることが出来ます。注意点としてはシート端末の施工に注意を必要とします。

定期的にトップコート(保護層)の塗り替えをすることで、長期間の防水性能を保ちます。
 
「塩ビシート防水工法」
塩ビシート防水工法は塩化ビニールシートを接着剤で下地に張り付ける工法と、機械的に下地に固定する工法等があります。塩ビシートは工場で生産されるため品質は一定で仕上がりが美しく、ゴムシート防水に比べ優れた耐久性があり、長期にわたり、防水工事施工時の状態・鮮やかな色彩を保ちます。防水シート間のジョイントは、薬品・もしくは熱で溶かし一体化させる処理を行うので、長期間優れた耐久性を保ちます。
 

西日本ルーフ工業
〒811-2412
福岡県粕屋郡篠栗町大字

乙犬字中園62番1
TEL.092-957-4110
FAX.092-957-4111


E-mail
n.ru-fu@blue.plala.or.jp

-----------------------------
総合防水工事業

FRP防水工事
各種、シート防水工事
塗膜防水工事(ウレタン、他)
アスファルト防水(トーチ工法、他)
コーキング工事
塗り床工事
外壁塗り替え工事

浴室リフォーム

-------------------------------

005107
<<西日本ルーフ工業>> 〒811-2412 福岡県粕屋郡篠栗町大字乙犬字中園62番1 TEL:092-957-4110 FAX:092-957-4111